動物の糞の山が古代アラビアのオアシスの場所を明らかにする

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


ケープハイラックスによって作られた糞便の山は、私たち自身の過去への手がかりを保持しています

ナタリア・クズミナ/アラミー

貝塚と呼ばれる化石化した糞便の山は、イエメンの砂漠の谷がかつて熱帯のオアシスであったことを明らかにしました。これは、人間の土地管理慣行のために乾燥した地域で続いた可能性があります。

今日、ワディサナは乾燥した岩だらけの砂漠です。 11、000年から5000年前までは、アラビア半島とサハラ砂漠は現在よりも湿っていて、湖底の堆積物の中には、草地や樹木が内部の他の場所で成長した可能性があることを示唆していました…

You may also like