肺がん死亡率の低下に関連する低用量CT肺がんスクリーニング

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



低用量CT肺がん(LDCT)スクリーニングは、16%の相対的減少と関連しています 肺がん死亡率、非LDCT対照群と比較した場合、ジョンフィールド教授と英国癌スクリーニング試験(UKLS)チームが本日IASLC2021世界肺癌会議で発表した研究によると。 この研究は、Lancet RegionalHealth-Europeで公開されます。

National Lung Cancer ScreeningTrialやNELSONLDCT Screening Trialなどの以前の研究では、肺がんの死亡率が統計的に有意に減少した(それぞれ20%、24%)という証拠が示されました。 UKLSはランダム化比較試験であり、LLPv2リスクモデルを使用して選択された高リスク集団でLDCTスクリーニングを通常のケアと比較し、高リスク集団で独自のWald単一LDCTスクリーニングデザインを採用しています。

UKLSのリスクは、公開されているLLPモデルの修正版であるLLPv2を使用して計算されました。これには、年齢、喫煙期間、肺がんの家族歴、以前の悪性腫瘍の病歴、石綿肺およびその他の潜在的な呼吸器リスク要因(気管支炎、肺気腫、結核、COPD)に加えて、肺気腫、および喫煙と同じリスクを与えるものとして、喫煙とパイプ喫煙を扱います。

英国リバプールのリバプール大学のジョンフィールド教授が率いる研究者は、2011年10月から2013年2月まで、LDCTスクリーニングへの1回の招待またはスクリーニングなし(通常のケア)で、4055人の参加者をランダムに割り当てました。 2020年2月29日までの肺がんの症例と死亡に関するデータは、国の登録簿との連携を通じて収集されました。 主な結果は、肺がんによる死亡率でした。

フィールド教授のチームは、介入群の1987 UKLS参加者と、通常ケア群の1981 2027を分析し、7。4年間追跡しました。 この間、スクリーニング群で30人、対照群で46人の肺がんによる死亡が報告された。 一次分析は相対率0・65を示しました [95% CI 0·41-1·03]; p = 0・065。 肺がん死亡率に関する相対的な利益は、無作為化後3〜6年で最も強く見られたことに注意する必要があります(図1)。

さらに、英国に本拠を置くセンターのフィールド教授と彼のチームは、最新のランダム化試験の証拠の統合を提供するために、その結​​果を変量効果メタアナリシスに含めました。 このメタアナリシスには、LDCTに関する以前の9件の試験が含まれていました(下の表を参照)。 これらの9つのランダム化比較試験の結果がメタアナリシスに含まれ、肺がん死亡率の有意な減少が示されました。

LDCTスクリーニングは、非LDCT対照群と比較した場合、肺がん死亡率の16%の相対的減少と関連していた(RR0・84 [0·76 – 0·92])有意な異質性はありません(p = 0・32、I 2 = 13・7%)。

UKLSの死亡率データと最近のメタアナリシスは、現在、国際的に長期の肺がん検診プログラムを実施するための推進力を提供し、特にヨーロッパの国々が独自の実施プログラムを開始することを奨励しています。 肺がんの早期発見と外科的介入は命を救います。」

ジョンフィールド教授、リバプール大学、リバプール、イギリス

ソース:

You may also like