専門家は、EHRの安全な使用に対する責任の共有を促進するためのポリシーを提案します

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



テキサス大学ヒューストン医療科学センターの研究者によると、電子健康記録(EHR)の開発者は、医療機関がEHRレジリエンスの安全保証係数(SAFER)ガイドの安全推奨事項を満たすことができるように製品を作成または変更する必要があります。 (UTHealth)およびベイラー医科大学。

論文「より安全な電子健康記録のための共有責任を促進するための方針」は本日、 ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション (JAMA)。

SAFERガイドは、チェックリストとして編成され、医療機関とEHR開発者がEHRの自己評価を実施するのに役立つように設計された安全慣行の包括的な概要です。 彼らの目標は、EHRの安全性と安全な使用を積極的に最適化することです。 ガイドは、保健社会福祉省内の国家医療情報技術コーディネーター(ONC)のオフィスによって後援されています。

今年の初めに、メディケア&メディケイドサービスセンター(CMS)は、適格なすべての病院がSAFERガイドを使用することを要求する新しい支払い規則を発表しました。 この新しいルールが実行しなかったことは、EHR開発者がSAFERガイドを使用することを要求することです。 したがって、EHRシステムの開発者は、製品も毎年評価することをお勧めします。 これにより、SAFERガイドで推奨されているように顧客がEHRを実装して使用できるようになります。」

ディーン・シッティグ博士、UTHealth School of Biomedical Informaticsの生物医学情報学教授であり、論文の共著者

「新しいCMS規則は、米国のすべての病院に影響を与えるEHRの安全性における画期的な開発であると考えています」と、この論文の共著者であり、ベイラーの医学教授であり、品質、有効性、安全性(IQuESt)およびマイケルE.デバキーVAメディカルセンター。 「しかし、 最先端のEHRによって約束された品質と安全性の向上を達成するための病院 また、安全慣行の実施にEHR開発者を関与させる必要があります。」

病院がSAFERガイドを使用して毎年自己評価を行うことを要求する新しいCMSポリシーは強固な基盤を作成しますが、著者は安全性の責任をEHR開発者と共有する必要があると述べています。

SittigとSinghは、新しいCMSルールを補完する3つの特定済の戦略を推奨しています。 彼らは提案します:

  • EHR開発者は、SAFERの推奨事項に照らして製品を毎年自己評価し、各SAFERの推奨事項を満たすようにEHRを構成できるかどうかを示します。
  • ONCは、EHRの設計、開発、および構成の変更に対応するために、SAFERの推奨事項のレビューを毎年実施する必要があります。
  • EHR開発者は、製品に関連する安全慣行を実装する方法について、顧客にガイダンスを広める必要があります。

彼らは、これらの戦略は、新しいCMS規制によって築かれた堅牢なEHR安全基盤を強化し、EHRを設計および開発する人と、これらのシステムを構成、実装、および使用する人の間で安全性を改善する責任をより均等に分散すると述べています。

「特定済のEHRは、すでにSAFERガイドを使用して製品を評価し、顧客向けのガイダンスを作成しています」とSittig氏は述べています。 「ほとんどの場合、EHRはうまく機能します。コンピューターやコンピューターの使用が間違いにつながるとは誰も予想していませんが、それが起こった場合、重大な患者への危害につながる可能性があります。SAFERガイドを共同で使用することでそのような事態を防ぐことができます。問題。」

ソース:

ジャーナルリファレンス:

Sittig、DF&Singh、H。、(2021)より安全な電子健康記録に対する責任の共有を促進するための方針。 ジャマ。 doi.org/10.1001/jama.2021.13945

You may also like