ネオアジュバントCPAとそれに続く外科的切除および維持アテゾリズマブは安全基準を満たしています

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



IASLC 2021 World Conference on Lung CancerのOA13:Topics in Pleural Mesotheliomaで本日発表された研究によると、ネオアジュバントシスプラチンとペメトレキセドとアテゾリズマブの後に外科的切除と維持療法を行ったアテゾリズマブは安全基準を満たしていました。

ヒューストンのMDアンダーソンがんセンターのAnneTsao博士と彼女の臨床現場の共同研究者は、胸膜切除術/剥皮術(P / D)または胸膜外肺全摘除術(EPP)によって疾患が切除可能であった、類上皮または二相性組織型の24人の患者をランダムに割り当てました。縦隔鏡検査または気管支内超音波および腹腔鏡検査による病期分類で、以前に化学療法または免疫療法を受けていなかった患者。

安全性は、グレード4〜5の免疫関連の有害事象がないと定義されました。 18/24(75%)が少なくとも1回の維持療法を受けた場合に実行可能です。 患者は、胸膜切除術/剥皮術コホートまたは胸膜外陰茎切除術コホートの2つのコホートに分けられました。

患者は、ネオアジュバントシスプラチンとペメトレキセドとアテゾリズマブ(CPA)の4サイクル、切除、放射線療法(EPP症例のみ)、その後1年間のアテゾリズマブの維持療法を受けました。

28人の適格な患者が登録されました(2017年11月-2020年5月)。 25人は少なくとも2サイクルのネオアジュバントCPAを受け、18人は手術を受け、15人は維持アテゾリズマブを受けた。 年齢の中央値は68.1(31.5 – 77.3)で、男性20人と女性8人でした。

24の計画されたプルレクトミー/剥皮術(P / D)と4つの計画されたEPPがありました。 21人の患者がネオアジュバント療法を完了したが、7人の患者は切除に進まなかった(2人の毒性、4人の疾患の進行、1人の死亡)。 1つの治療関連の死亡は、非免疫関連の腎不全および呼吸不全に関連する敗血症から発生しました。 安定した疾患または部分奏効を示した18人の患者が外科的切除に進んだ。 17人がP / Dと1人のEPPを受け取りました。 1人の患者は進行性疾患のためにプロトコル指定の手術を受けませんでした。 術後、1人の患者が致命的な心血管イベントを起こしました。 16人の患者が1年間アテゾリズマブの維持療法を受けるように登録しましたが、1人の患者は不十分な血液学的機能のために不適格でした。

現在まで、グレード3よりも深刻な治療関連の有害事象は報告されていません。 3人の患者は維持アテゾリズマブ療法を継続しています。

ネオアジュバントシスプラチンおよびペメトレキセドとアテゾリズマブの併用、その後の外科的切除および維持療法のアテゾリズマブは安全基準を満たしていました。 適格な患者の60%がアテゾリズマブの維持療法に進み、追加のモニタリングにより評価されます 有効性 と長期的な毒性の結果。」

アン・ツァオ博士、MDアンダーソンがんセンター、ヒューストン

ソース:

You may also like