【新型COVID-19】2回目の接種、全国民の5割…64歳以下は地域差 | brain

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


2021年9月11日更新

新型COVID-19ワクチンの2回目の接種を受けた人の割合が全国民の5割になった。64歳以下の接種率は自治体でばらつきがあり、11月までに希望者全員にワクチン接種を終える政府目標の達成には、遅れている地域で接種の加速化が求められる

63


0

 政府によると、9日時点で全国民の49・8%が2回接種した。打ち終えたものの国の接種記録システムにまだ入力されていない人もおり、実際には5割を超えているとみられる。65歳以上の高齢者は8割以上に達しており、自治体は64歳以下の接種を本格化させている。

 読売新聞が国のデータ(医療従事者を除く)を基に、0~64歳の人口に対する2回目の接種率を都道府県別に集計した。接種率が最も高かったのは山口県の36・1%で、和歌山県34・4%、熊本県33・6%、群馬県32・8%と続く。
参照メタ:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



You may also like