米国サッカー連盟は、ワールドカップからの賞金を平準化するように男性、女性のチーム組合に要請します

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



米国サッカー連盟のシンディ・パルロ・コーン会長は、米国の男子と女子の代表チームの組合に公開書簡を送り、FIFAワールドカップからの賞金の配分を平等にすることに同意するよう求めました。 ESPNのKathleenMcNameeによるレポートによると、男性チームは、FIFAのワールドカップの支払いの一部を女性チームに再配分するよう求められていますが、両方の組合に同じ契約が提供されます。

この手紙は、2019年3月のUSSFに対する訴訟に端を発する、女性チームの賃金に関する進行中の物語の最新の展開でした。 連盟は、賞金ポットがFIFAによって管理されているため、賞金を均等に分割することは不可能であると主張しましたが、プレーヤーは、FIFAがワールドカップ予選を含む他の多くのイベントの資金を管理していないと主張しました。

「FIFAワールドカップの賞金の大幅な不一致は、男性と女性の代表チームとの並行交渉で私たちが直面し続けている最も困難な問題です」と、ESPNによるParlowConeの手紙を読んでください。 「FIFAは女性の試合にいくつかの影響力のある投資を行ってきましたが、賞金の不一致は依然として深刻です。

「FIFAだけがこれらの資金を管理しており、USサッカーは、男性および女性チームとの現在交渉中の団体交渉協定に基づいて、これらの資金を分配する法的義務を負っています。

「この課題の中で、変化を生み出す機会があります。その機会を利用するには、男性と女性の代表チームが集まって、過去のやり方を再考する必要があります。そのために、私たちはUSMNTとUSWNTの間でワールドカップの賞金を均等化するソリューションを一緒に交渉するために、プレーヤーと両方のプレーヤー協会にUSサッカーに参加するよう招待しました。」

オリーブの枝がUSサッカーから女性代表チームに拡大されているように見えますが、USWNTプレーヤー協会とUSSFを訴えたプレーヤーは、手紙の多くの主張、つまり女性チームに「まったく同じ契約」が提供されたという主張を拒否しました。男子チームとして。 プレーヤー協会の事務局長であるベッカ・ルーは、USSFが彼らの不満に対処する代わりに「宣伝スタント」に従事していると非難した。

2018年の男子ワールドカップでチームに授与された4億ドルの賞金と比較して、2019年の女子ワールドカップでは、24チームがわずか3000万ドルを授与され、トーナメントに勝つために400万ドルが米国の女子チームに支払われました。 FIFAのジャンニインファンティーノ会長は2022年の女子ワールドカップの賞金プールを6000万ドルに増やすことを提案しましたが、男子トーナメントの賞金総額は4億4000万ドルに増える予定です。



You may also like