日本の法廷では、5人が北朝鮮に彼らの苦しみの代償を払うように頼む

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



NS 日本 木曜日の裁判所は、北朝鮮に「地球上の楽園」が約束されたが、代わりに人権侵害に苦しみ、今や国とその指導者を望んでいると言う5人の人々から聞いている 金正恩 それらを補うために。

聴聞会はその後可能になりました 東京 原告を代表する弁護士である福田健二氏によると、8月の地方裁判所は金正恩を召喚して発言することに同意した。 金容疑者が出廷したり、裁判所の命令で補償することは期待していないが、福田容疑者は、北朝鮮の責任を求め、外交関係を正常化することについて、日朝交渉の先例となることを期待している。

数十万人の朝鮮人が日本にやって来て、その多くは日本の植民地時代に鉱山や工場で働くために強制的に来ました。 朝鮮半島 —日本と韓国の関係をいまだに緊張させている過去。

1959年、北朝鮮は海外の韓国人を帰国させ、朝鮮戦争で殺された労働者を補うために大規模な第三国定住プログラムを開始した。 プログラムは1984年まで、元々韓国からの新入社員を探し続けました。

北朝鮮は無料の医療、教育、仕事、その他の利益を約束したが、何も利用できず、帰国者は原告の一人である鉱山、森林、農場で肉体労働を割り当てられた。川崎英子さん(79)は生まれ育った韓国人である。日本では先月言った。

日本政府はまた、韓国人を部外者と見なし、再定住プログラムを歓迎し、参加者が北朝鮮に旅行するための手配を支援した。 日本に住む約93,000人の韓国人とその家族が北朝鮮に行った。

今日、約50万人の韓国人が日本に住んでおり、学校、仕事、そして日常生活において依然として差別に直面しています。

訴訟は2018年に5人の参加者によって提起され、最終的に日本に帰国しました。4人の韓国人と韓国人の夫と娘と一緒にプログラムに参加した日本人女性です。

北朝鮮の真実を知っていたら、「誰も行かなかっただろう」と川崎氏は語った。 彼女は2003年に亡命するまで43年間北朝鮮に監禁され、成長した子供たちを残した。

原告は北朝鮮にそれぞれ1億円(90万ドル)の補償金を要求している。



Source link

You may also like