坂井丞の病気(病名)や結婚(嫁) 両親とwiki経歴(高校・大学)

[ad_1]

2月1日(火)放送の『ザ!世界仰天ニュース』で飛び込み選手の坂井丞さん(29)が取り上げられます。

坂井丞さんは東京オリンピックで5位入賞を果たした飛び込み選手ですが、アレルギー(病気)を乗り越えてきた背景があります。

そこで今回は『坂井丞の病気(病名)や結婚(嫁) 両親とwiki経歴(高校・大学)』についてまとめていきます。

坂井丞の病気(病名)

坂井丞(しょう)さんは、2010年頃から原因不明のじんましんに悩まされます。

トレーニングや入浴で体温が上がり、汗をかくと、体の至るところに「針で刺されたようなチクチクした痛み」が走り、発疹が出るようになります。

症状について、次のように話しています。

「乾燥して肌がピリピリしてくる状態がありますが、あの究極版ですね。症状が出るのは胸と背中が多くて、あとは首回りや後頭部。おなかとか足は我慢できるんですが、頭に出るのが一番きついんです」

当初は「コリン性じんましん」と診断されていましたが、2019年の検査で「特発性じんましん」と判明します。

どちらの病気も原因は不明です。

コリン性じんましん・・・発汗をつかさどる「アセチルコリン」という神経伝達物質が関与して起こる蕁麻疹

特発性じんましん・・・特定のアレルゲンやきっかけもなく自然に出現してくるものを“特発性じんましん”といいます。

坂井丞さんの場合、汗をかくと発疹が出てしまい、トレーニングに集中できなくなってしまうそうです。

スポーツ選手にとってはかなり辛い症状となっています。

特発性じんましんは有効な治療法が確立されておらず、薬の効果はあまり期待できないようです。

さらに坂井さんの場合はアスリートということもあり、ドーピング検査もあるため、使用できる薬も限られてしまいます。

体温が低いと症状は出づらいそうですが、アスリートにとっては無理な話ですね・・・

ある病院では「君の体はスポーツに向いていないね」と言われてしまったそうです。

それでも坂井さんは諦めずに、月に一度は症状を抑える注射を打ちつつ、

シャンプーやボディーソープ、乳液、化粧水に至るまで自分の身体に合ったものを探します。

鍼灸にも通い、体温を低く保つように外出時には携帯用扇風機を持ち歩ているそうです。

特発性じんましん 直接的な原因などがないにもかかわらず、自発的に皮膚にミミズ腫れ、ブツブツ(膨疹)や赤みが生じ、神経に作用してかゆみを生じる症状。症状は基本的に毎日のように表れ、発症後約1か月以内のものを急性じんましん、1か月を超えたものを慢性じんましんと呼ぶ。じんましんは食品のアレルギーや発汗などが誘因とされるが、患者の約70%は誘因が不明の特発性とされる。

坂井丞の結婚(嫁)

坂井丞さんは1992年8月22日生まれの29歳です。

結婚していてもおかしくない年齢ですね~

坂井さんは既に結婚されており、小さなお子さんもいます。

坂井さんと結婚した嫁は一般人女性ということで、名前や年齢・顔画像などは不明となっています。

いつ結婚したのかは分かりませんでしたが、結婚記念日が10月10日。

お子さんは2016年1月に生まれた息子さんがいます。

息子さんが2016年に生まれていることから20代前半の若さで結婚されたようです。

坂井丞の両親と家族

名前:坂井丞生年月日 :1992年8月22日出身:神奈川県身長:171cm体重:58kg所属:ミキハウス

両親は父・弘靖さん、母・由美子さん。

両親は共に込み選手で、現在は指導者として活動。

父の弘靖さんは、丞さんのコーチも務めています。

母の由美子さんはダイビングクラブのコーチを務めています。

両親の影響で幼少期から飛び込みを始め、プールサイドが遊び場となっていたそうです。

坂井丞さんには1歳上の姉と3歳下の妹がおり、姉妹も飛び込み選手です。

姉の名前は由稀那さん。妹の名前は莉那さんです。

坂井家は飛び込み一家ということになります。

こちらが坂井一家の画像となります。

坂井丞のwiki経歴(高校・大学)

坂井丞さんは幼少期から飛び込みを始め、小学4年の時には全国大会で優勝、中学2年では世界ジュニア選手権の代表入りを果たしています。

麻布大学附属高等学校時代にはインターハイで板飛込と高飛込の2冠を3年連続で達成。

世界選手権には、2009年から4大会連続で代表入り。

日本体育大学体育学部時代にはの2年次以外の年には日本学生選手権3m板飛び込みで優勝し、アジア大会にも出場しています。

東京五輪2020男子シンクロ板飛び込み競技では5位入賞を果たしました。

主な戦績14年仁川アジア大会3メートル板飛び込み銅18年ジャカルタ・アジア大会シンクロ板飛び込み銅19年世界選手権シンクロ板飛び込み7位 

五輪代表歴リオ五輪東京五輪



[ad_2]

Source link