研究は統合失調症の血液ベースの診断テストにつながる可能性があります

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



Sanford Burnham Prebysの科学者たちは、統合失調症の血液ベースの診断補助として、将来的にタンパク質のレベルをどのように使用できるかを発見しました。 脳と血液の両方に見られるタンパク質の活性は、人間の脳の神経接続に影響を及ぼし、この状態と診断された人々では独特の不均衡があります。 この研究はまた、この深刻な障害をもたらす精神障害の分子基盤に関する将来の分析のためのガイダンスを提供します。

この研究は、横浜市立大学大学院医学研究科と医学部のグループ間の国際協力です。 精神医学 マサチューセッツ州ベルモントのハーバード大学医学部で、最近 PNAS

この研究では、ニューロンが互いにどのように接続するかを調節する、脳に見られるタンパク質(「細胞骨格タンパク質」と呼ばれる)であるCRMP2の活性を調べました。 CRMP2は、たまたま血液中のリンパ球にも発現しているため、単純な静脈穿刺だけで簡単にサンプリングできます。

サンフォードバーナムプレビーズの幹細胞および再生医療センターの所長であり、研究の共同主執筆者であるEvan Y. Snyder、MD、Ph.D。

「統合失調症の人のサンプルには、障害のない人と比較してCRMP2レベルが豊富にありました。また、樹状突起が他の神経細胞からのインパルスを受け取るのに重要な役割を果たしているため、神経細胞の樹状突起に構造異常が見られました。脳。”

以前の研究では、ほとんどの人がCRMP2の2つの形態(活性型の非リン酸化型と不活性型のリン酸化型)の間で均等なバランスを維持していることが示されています。 新しい研究では、最初に死後の脳組織を調べ、次に統合失調症の人々からの血液サンプルを調べました。 研究チームは、これらのレベルを障害のない人々のレベルと比較しました。

調査結果は、統合失調症の人々ではアクティブなCRMP2の量が多すぎ、少なくとも統合失調症の若い人々では、適切な量の非アクティブなCRMP2の増加とバランスが取れていないことを示しました。 アクティブなCRMP2と非アクティブなCRMP2の間のその不均衡は、神経接続のいくつかの機能障害の原因となる可能性があります。

特に非アクティブなCRMP2との比率が低すぎる場合、アクティブなCRMP2の存在量を測定することは、統合失調症の診断をサポートするための迅速で低侵襲の血液検査の形式になる可能性があります。

「統合失調症は、多くの理由から、早期または若い患者の診断が難しい場合があります」とスナイダー氏は述べています。 「血液検査と精神医学的および神経行動学的検査を組み合わせると、医師は統合失調症を、双極性障害の躁病期や他の行動、人格、思考障害など、症状がやや似ている他の状態と区別するのに役立ちます。

「私たちの結果は40歳未満の人々で最も印象的であり、30歳未満の人々でさらに顕著でした。早期診断は影響を受けた個人の臨床管理を改善し、新しい治療オプションの開発を加速する可能性があります」とスナイダー追加します。

研究者たちは今、病気の分子生物学をより深く掘り下げて、ほとんどの人のCRMP2レベルを均一に保つ「調節因子」を発見したいと考えています。 彼らはまた、統合失調症を他の精神障害と比較する、より大規模な多施設臨床研究を実施したいと考えています。 将来の研究は、より広い範囲の民族と年齢層を含めることを目的としています。



Source link

You may also like