母親のメンタルヘルスに関連する子供の歯磨き習慣

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



母親のメンタルヘルスは、子供の歯磨きの習慣において、以前考えられていたよりも大きな役割を果たす可能性があります。

1日2回歯を磨くことは、健康な歯と歯茎を促進するのに非常に効果的であることは周知の事実です。 International Association of Pediatric Dentistryは、フッ化物を含む練り歯磨きでブラッシングして、子供の虫歯、虫歯(ECC)として知られる歯の腐敗、欠損、または充満を防ぐことを提唱しています。

親は子供たちに良い歯の習慣を植え付けるのに役立ちます。

日本では、3歳の子供たちの間でECCの有病率が心配そうに高いです。 産後うつ病および/または結合障害によって引き起こされる愛情の欠如は、母親が子供たちの健康な歯科診療を養う能力を妨げており、研究者たちはこの関連性を探求することに熱心でした。

東北大学病院の土屋忍博士は、環境省の日本環境児童研究から約8万組の母子ペアを分析する研究グループを率いました。

彼らは、産後うつ病や結合障害に苦しんでいる母親を持つ子供たちが歯を磨く頻度が少ないことを発見しました。 同様に、母親が子供に対して強い愛情を示したとき、子供が歯を磨く頻度が増加しました。

研究グループは、彼らの研究が母親のためのより大きな精神的支援と管理を促進し、医師が子供の口腔の健康を評価する際にこれらの要素を組み込むことを望んでいます。

母親の心理的幸福は、ECCのリスクが高い子供を特定するための貴重なスクリーニング情報を提供します。」

東北大学病院土屋忍博士

将来の研究では、土屋と彼女のチームは、口腔の健康状態の悪化に対する他の環境の影響を調べることを望んでいます。

ソース:

ジャーナルリファレンス:

土屋聡、 etal。 (2021)母親の産後うつ病が子供の歯磨き頻度に及ぼす影響。 コミュニティデント口腔疫学。 doi.org/10.1111/cdoe.12672



Source link

You may also like