インスリンポンプを使用する1型糖尿病の若者は、糖尿病性網膜症を発症する可能性が低くなります

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



1型および2型糖尿病のアメリカの子供と青年のこれまでで最大かつ最も人種的に多様な研究の1つで、ジョンズホプキンス医学、ベイラー医科大学、ウィスコンシン大学の研究者は、小児科に関連する臨床的および人口統計学的要因を特定しました糖尿病性網膜症。 世界的な視力喪失の主な原因であるこの障害は、網膜(目の光の焦点を合わせる領域)の内側を覆う小さな血管の損傷を特徴としています。

研究者たちは、この研究からの最も重要な発見は、2021年9月27日にオンラインで投稿されたと述べています。 JAMAネットワークオープン — 1型糖尿病患者のインスリンポンプ使用者は、他の危険因子とは無関係に、毎日複数回の注射でインスリンを摂取する若者と比較して、糖尿病性網膜症を発症する可能性が低いということです。

以前の研究から、インスリンポンプの使用はより良い血糖コントロールに関連していることがわかっていました [management of blood sugar level] ヘモグロビンA1cレベルを下げる [HbA1c is the amount of sugar attached to hemoglobin in red blood cells and a measure of blood sugar level]、したがって、糖尿病性網膜症などの糖尿病による合併症のリスクの低下にも関連すると予想しました。 私たちを驚かせたのは、インスリンポンプのユーザーが、A1cレベルに関係なく、網膜症からより「保護」されているように見えることでした。」

リサ・ウルフ医学博士、研究共同主執筆者、ジョンズ・ホプキンス小児センター小児内分泌学者、ジョンズ・ホプキンス大学医学部小児科助教授

「私たちの研究で示されたインスリンポンプのもう1つの利点は、ポンプの使用者が糖尿病性ケトアシドーシスの入院が大幅に少ないことです。これは、糖尿病性昏睡または死亡につながる可能性のある深刻な状態です」と、網膜専門医のRoomasa Channa、MD、研究共同主任著者およびウィスコンシン大学医学部および公衆衛生学部の眼科学および視覚科学の助教授。 「この発見は、ポンプの使用が網膜症を予防するという私たちの証拠とともに、臨床医が1型糖尿病の子供と青年にこの技術を使用するように勧めるべきであることを示唆しています。」

結果を得るために、3つの参加施設の研究者は、1型(74%)または2型(26%)の糖尿病の1,640人の子供と青年を調べました。 平均年齢は16歳近くで、グループの53%が女性でした。 人種と民族の多様な組み合わせがありました:40%の非ヒスパニック系白人、31%のヒスパニック系、23%の非ヒスパニック系黒人、および6%のその他(アメリカインディアンまたはアラスカ先住民、アジア、ネイティブハワイアンまたは太平洋諸島民、および詳細不明または宣言なし) )。

全体として、1型糖尿病の患者1,216人中558人(46%)と2型糖尿病の患者416人中5人(1.2%)がインスリンポンプを使用していました。 糖尿病性網膜症は、合計1,640人の参加者のうち57人、つまり3.5%で発見されました。

「1型糖尿病患者の中で、インスリンポンプの使用は、人種と民族性、保険の状態という他の4つの要因を調整した後、糖尿病性網膜症の可能性が低いことに関連していました。 [those with private health insurance have greater access to a pump]、糖尿病の期間とHbA1cレベル」とウルフは言います。

「私たちのデータはまた、最初は黒人の若者が白人の若者よりも糖尿病性網膜症を発症する可能性が2.1倍高いことを示しました」とチャンナは言います。 「しかし、1型糖尿病患者の保険状態、糖尿病期間、HbA1cレベル、およびインスリンポンプの使用を調整した後、2つのグループ間の差はもはや有意ではありませんでした。」

ウルフとチャンナは、他の要因を制御した後に残った1つの格差は、インスリンポンプの使用であったと言います。

「ポンプユーザーは白人である可能性が高かった [59%, compared with 27% of Black youth] ウルフ氏は、「民間保険または商業保険に加入している」と述べ、「これは、糖尿病のすべての子供たちが最先端の技術を利用できるようにすることの重要性を浮き彫りにしている。 。」

ソース:

ジャーナルリファレンス:

ファーム、ML、 etal。 (2021)糖尿病の若い患者の間の糖尿病性網膜症に関連する臨床的および人口統計学的要因。 JAMAネットワークオープン。 doi.org/10.1001/jamanetworkopen.2021.26126



Source link

You may also like