【死因】埼玉県:鈴木純一医師が死亡↓顔画像+病院どこ?

[ad_1]

おはこんにちばんわ。坊主です。

2022年1月27日、埼玉県 ふじみ野市の住宅で立てこもり事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは渡邊 宏(66歳)で、この男は主治医の男性(44歳)を人質に自宅に立てこもっていました。

犯人こそ逮捕されたものの、人質の主治医が死亡してしまい、本事件は最悪の結果となってしまったのです。

一体、死亡した主治医とは誰なのでしょうか?

【追記あり】埼玉県:主治医の鈴木純一医師が死亡↓死因は?

死亡した主治医の男性医師について「TBS NEWS」は次のように報じています。

上記の通り、死亡した主治医は鈴木純一医師でした。

鈴木医師は渡邊の自宅に弔問に訪れており、そこで犯人とトラブルになっていたようです。

しかし、死亡こそ報じられた鈴木医師ですが、その死因については一切明らかになっていないのが現状です。

ただ、鈴木医師は病院に搬送される時点で心肺停止の重体となっていたことから、搬送前から重篤な状態に置かれていたことが予想されます。

渡邊は猟銃を所持しており、別の被害者に対して発砲している事実があります。

そのため、鈴木医師も猟銃で撃たれた可能性もあるのです。

鈴木医師の死因については新しい情報が入り次第、追記します。

【追記】

鈴木医師は胸を撃たれていた。

続報によると、鈴木医師は胸を撃たれていたようです。

現在の時点でも死因については報じられていませんが、胸部に被弾したことが致命傷になった可能性が高いと考えられます。

【1月29日追記】

鈴木医師は即死だったことが判明。

鈴木医師らは1月27日午後9:00頃に犯人の自宅を訪れており、その際に発砲を受け、同医師はそのまま死亡したとみられています。

司法解剖の結果、鈴木医師の死因は「心破裂」と報じられました。

死因の心破裂とは?

心破裂とは、心臓の心室壁もしくは心室房が裂ける現象を指します。

急性心筋梗塞によって心破裂が続発することもありますが、強い外傷によって発症することもあります。

鈴木医師の場合は胸部に被弾したことで心破裂が発症したと思われます。

世間の反応

最悪の結末。

本当に気の毒でしょうがない。

怖かったでしょう。

辛かったでしょう。

ご家族の気持ちを思うとたまらない。

ほんとに助かって欲しかったです。

人一人の命は掛け替えのないものです。

その尊い命を簡単に奪った容疑者には重い罰を下してください。

この医師は、訪問医療を行う病院の医師で、犯人の母親は自宅でこの医師らが診療等を行っていたという報道がありました。

亡くなってからも、自ら担当していた患者を忘れずに弔意を表すために弔問するというのは、むしろ素晴らしいと思います。

その意志を踏み躙る犯人は許せません。

【追記あり】顔画像や勤務先の病院はどこ?

死亡が確認された鈴木医師ですが、現在のところ、同医師の顔写真(画像)は公開されていません。

ただ、同医師の名前で検索すると、埼玉県に存在する”ある病院”がヒットするのです。

しかし、この病院に勤務する人物が鈴木医師と同一人物なのかは特定されていません。

病院のHPには医師の顔写真ともに経歴が記載されていますが、生年月日までは掲載されておらず、年齢の確認が行えない状況です。

係る状況から、同姓同名の医師の顔写真および病院名については公開を控えさせて頂きます。

ちなみに、一部では「鈴木医師がNHKに出演していたのでは?」という情報が確認されています。

ただ、この情報についても裏が取れていないため、真偽は不明と言わざるを得ません。

鈴木医師については続報が入り次第、追記します。

【追記】

鈴木医師の顔写真(画像)が確認される。

NHKの報道より、鈴木医師の素顔が確認されました。

鈴木医師の顔写真がこちらです。

やはり、同医師はNHKの報道番組に出演していたようです。

鈴木医師は2012年頃から埼玉県 富士見市などで高齢者を中心に訪問診療を行っていました。

昨今では新型コロナウイルスが感染拡大し、病院に入院できない患者も急増したことから、同医師はコロナ患者の診療にも積極的に取り組んでいたのです。

鈴木医師は「富士見在宅クリニック」を経営しており、コロナ禍以前から尽力していた在宅医療の第一人者でした。

〒354-0017埼玉県 富士見市 針ケ谷2-8-7

HP:http://www.fujimizaitaku.com/

経歴+プロフィールは?

鈴木医師の経歴(プロフィール)がこちらです。

上記の通り、鈴木医師は「東京慈恵会医科大学」を卒業しており、内科や呼吸器系を専門にしていたようです。

[embedded content]

ただ、出身高校については情報が得られておらず不明となっています。

詳しい経歴こそ不明ですが、鈴木医師は地元では評判で「患者に寄りそう医師」として住民に親しまれていました。

本事件を取材した文春オンラインによると、鈴木医師は患者のプライベートの相談にも乗っており、親身になって助言していたようです。

その一方で、犯人の渡邊は母親を溺愛しており、些細なことで病院関係者に激昂し、罵声を浴びせていたようです。

母親に対する渡邊の偏愛は異常ともいえ、病院を訪れた際には「他の患者は後回しにして母親から診察しろ」と要望したこともあったとのこと。

係る言動から、渡邊は母親のために他人を平気で犠牲にする人物であったことが窺われます。



[ad_2]

Source link