【悲報】芸能界、コロナ感染爆発で大ピンチ 「代役」探しで局翻弄

[ad_1]

2022年01月29日更新

 オミクロン株が猛威を振るい、連日芸能界からも感染者が続出している。タレントが感染すると、感染者だけではなく濃厚接触者も番組への出演が制限されるため、各局が「代役探し」に四苦八苦している。この「代役決め」には、番組ごとに独自のやり方があるという。

13

お気に入りに追加
0

 1月21日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、木曜レギュラーのHey! Say! JUMPの伊野尾慧(31)の感染を受け、メインキャスタ―の三宅正治アナ(59)ら7人が出演を見合わせ、同局の佐野瑞樹アナ(50)、久慈暁子アナ(27)ら『めざましどようび』チームが代役を務めた。フジテレビ関係者が言う。

「伊野尾さんは木曜のみのレギュラーのため、翌日の代打を探す必要はありませんでしたが、そもそも朝の情報番組では、コメンテーターなど出演者の欠席には基本的に代役は立てません。しかし局アナが感染や濃厚接触の疑いで出演見合わせになった場合は、今回のように系列番組に出演しているアナウンサーや、以前に出演していたアナウンサーにお願いします」

芸人以外の場合も、大手事務所に依頼するケースが多い。事実、ホリプロ所属のタレント、井上咲楽(22)は1月23日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で「逆にコロナ禍で仕事が増えた」「代打のお仕事が結構多いんですよ。前日の夜とかに『ちょっと明日代打で来られますか?』というふうに来たりとか」と、急な“代打需要”を明かしている。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

[ad_2]

Source link