研究は、有毒な汚染と人間の健康への気候リスクとの間に強い相互関係を発見しました

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



30年以上にわたり、国連の気候変動に関する政府間パネルの科学者たちは、人間が引き起こした気候変動に焦点を当ててきました。 彼らの5回目の評価報告書は、2015年のパリ協定につながり、その直後に、産業革命以前のレベルを超える摂氏1.5度を超える地球温暖化の危険性に関する特別報告書が作成されました。 ノーベル賞を受賞したチームは、地球温暖化を緩和することで、「持続可能な開発の多くの側面を達成することが著しく容易になり、貧困を根絶し、不平等を減らす可能性が高まる」と強調しました。

ノートルダム大学の博士研究員であるドリュー(例:微粒子物質)、無毒な放出(例:温室ガス)、およびそれらに対する人々の脆弱性のリスクの評価を組み合わせたこの種の最初の研究では、リチャード)マルカントニオ、博士課程の学生ショーンフィールド(人類学)、政治学の准教授デブラジャベリンとプリンストンのアグスティンフエンテス(以前はノートルダム大学)は、地球規模の気候リスクの空間分布と毒性汚染との間に強力で統計的に有意な関係があることを発見しました。 言い換えれば、気候変動の影響のリスクが最も高い国は、ほとんどの場合、有毒汚染のリスクが最も高い国でもあります。

彼らはまた、有毒環境の空間分布、汚染による総死亡率、気候リスクなどの他の変数を測定し、強い相互関係を発見しました。 彼らは次のPLOS論文で、「人新世における汚染、気候への影響、健康リスクの世界的な分布と同時発生」について次のように書いています。気候変動の影響が最大のリスクをもたらす場所」

これらのリスクが高度に相関していることを発見するのは驚くべきことではありませんが、この記事では、以前は欠けていたポリシー、データ、分析に情報を提供するためのデータと分析を提供します。」

デブラ・ジャベリン、政治学准教授

調査を完了するために、Javeline、Marcantonio、Field、Fuentesは3つのインデックスからのデータを使用しました。 ND-GAINは、国の脆弱性と気候への曝露がリスクに影響を与え、気候の回復力を向上させる準備ができていることをまとめた182か国のインデックスです。 EPIは、環境衛生と生態系の活力をカバーする10の問題カテゴリにわたる24のパフォーマンス指標で180か国をランク付けしています。 最後に、GAHPは、有毒な空気、水、土壌、化学物質による汚染への世界的な曝露によって引き起こされた死亡を含む、国の有毒な汚染による死亡者数を推定しています。

彼らの結果を政策立案者にとって最も有利にするために、著者は、国の気候影響リスク、毒性汚染リスク、およびこれらのリスクを軽減する潜在的な準備を組み合わせた尺度である「ターゲット」と呼ばれるものを作成しました。 これらの基準に基づいて、彼らが集中することを推奨する上位10か国は、シンガポール、ルワンダ、中国、インド、ソロモン諸島、ブータン、ボツワナ、ジョージア、大韓民国、タイです。 リストの一番下に表示されている国の中には、赤道ギニア、イラク、ヨルダン、中央アフリカ共和国、ベネズエラがあります。 これらの国々は、現在、汚染に効果的に対処する妨げとなっている未解決のガバナンス問題を抱えている可能性が最も高いです。

「特に、私たちの結果は、有毒な汚染と気候の影響のリスクがある国の上位3分の1が、世界の人口の3分の2以上を占めていることを示しており、問題の大きさと環境リスクの不平等な分布を浮き彫りにしています。世界の人口の一部は、より高い毒性汚染と気候影響リスクのある国に住んでおり、汚染リスクの軽減をどこでどのように目標とするかを理解することは、潜在的な人的被害の削減を最大化するために重要です」と彼らは書いています。

著者らはまた、中国やインドなどの人口の多い大国での有毒汚染を軽減することにより、近隣諸国も恩恵を受けるだろうと述べています。 特に有毒物質の排出を対象とした2013年の中国の大気汚染と予防および管理行動計画は、印象的な結果を生み出しています。 研究者は、計画が制定されて以来、有毒物質の排出量が40パーセント削減されることを発見しました。

「ターゲットのアイデアは、人間の健康と繁栄へのリスクを減らすためにどこで行動を起こすことができるかを強調することですが、そのターゲティングがどのように行われるか-たとえば、インセンティブと制裁-は、どの行動をとるべきか、誰がとるべきかを決定するために道徳的な反省を必要とします誰がこれらのリスクを生み出すのに最も責任があるのか​​、誰が最もリスクにさらされているのかという一般的な逆の関係を考えると、これは特に当てはまります」とマルカントニオ氏は述べています。

2021年から22年の学年度中、大学は毎年恒例のノートルダムフォーラムを通じて、「私たちの共通の家のケア:持続可能な未来への公正な移行」というテーマに焦点を当てた一連の会話を行います。 ラウダート・シと教皇フランシスコがこれらの問題に引き続き重点を置いていることに触発されて、フォーラムは来年にわたって幅広い議論とイベントを特集します。 ノートルダムフォーラムは、2005年の設立以来、グローバリゼーションの課題と機会、大統領選挙討論会の役割、移民、場所など、大学、国、そしてより大きな世界にとって重要な問題について、主要な当局による主要な講演を特集してきました。多元的社会への信仰の。

ソース:

ジャーナルリファレンス:

マルカントニオ、R。、 etal。 (2021)人新世における汚染、気候への影響、健康リスクの世界的な分布と一致。 PLOS ONE doi.org/10.1371/journal.pone.0254060



Source link

You may also like