研究は、OSAリスクに関連して身体活動と座りがちな行動を評価します

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



で発表された新しい研究によると、より身体的に活動的であり、テレビを見ながら座って1日あたり過ごす時間が少ないことは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を発症するリスクが大幅に低くなることに関連しています。 European Respiratory Journal 。 これは、OSAリスクに関連して身体活動と座りがちな行動を同時に評価した最初の研究です。

OSAは、睡眠中に呼吸が何度も停止および開始する状態です。 それは血中の酸素レベルを低下させ、一般的な症状には、いびき、睡眠障害、過度の倦怠感などがあります。 管理が不十分なOSAに関連する重篤な合併症には、高血圧、脳卒中、心臓発作、不整脈、2型糖尿病のリスクの増加が含まれます。 世界的に、30〜69歳の約10億人の成人が軽度から重度のOSAの影響を受けていると推定されています。

この研究は、米国のブリガムアンドウィメンズ病院とハーバード大学医学部の助教授兼疫学者であるTianyiHuangが主導しました。 身体活動が少なく座りがちであることがOSAリスクを高めるかどうかを調べるために、Huang教授らは、研究の開始時にOSAを臨床的に診断していなかった138,000人を超える米国の男性と女性の健康データを分析しました。 10〜18年の研究追跡期間の終わりまでに、8,733人の参加者がOSA診断を受けたと報告されました。

研究者らは、参加者の年齢、肥満度指数(BMI)、飲酒か飲酒かなど、分析内でOSAリスクに影響を与える可能性のある他の要因を説明しました。

研究者は、平均的なペースで週2時間のウォーキングに相当する活動を行った人々と、週に3時間のランニングに相当する活動レベルの人々を比較したところ、活動レベルの高い参加者の方が54%低いことがわかりました。 OSAを発症するリスク。

テレビを見ながら1日4時間以上座っている人は、座りがちでない人よりもOSAリスクが78%高く、座りがちな仕事をした人は、座りがちでない人と比べてOSAのリスクが49%高くなりました。

しかし、データは、オフィスで仕事をしている人など、毎日長時間座っている必要がある人にとって、余暇の身体活動を増やすことでOSAリスクを下げることができることを示唆しています。 同様に、身体的制約のために多くの身体的活動を行うことができない人は、座りがちな時間を減らしたり、立ったり、他の穏やかな活動をより頻繁に行うことによって、OSAリスクを下げることもできます。

黄教授は次のように説明しています。「身体活動のレベル、座りがちな行動、OSAリスクの間に明確な関係が見られました。現在の世界保健機関の身体活動ガイドラインに従って、週に少なくとも150分の適度な活動を行い、テレビを見ながら1日4時間座っていると、OSAのリスクが大幅に低下しました。重要なことに、身体活動の追加の増加や座りがちな時間の短縮は、OSAの発症リスクを軽減するメリットがあることがわかりました。

「座りがちな仕事とテレビを見ながら座っている時間のOSAリスクの違いは、それらの活動に関連する他の行動によって説明できます。たとえば、座りがちな場所にいるよりも、軽食や甘い飲み物を飲むことはテレビを見ることと一緒に行く傾向があります。仕事や旅行中の座りがちなど、他の場所で。これは追加の体重増加につながる可能性があり、これはリスク要因OSAであることがわかっています。」

研究に関与しなかったアニータ・シモンズ教授は、欧州呼吸器学会の会長であり、英国のロイヤルブロンプトン病院の呼吸器および睡眠医学のコンサルタントです。 彼女は次のように述べています。「OSAは一般的で蔓延する障害であり、人々の生活の質に深刻な影響を与える可能性があります。OSAは最新の治療法で管理できますが、予防に焦点を当てている研究はごく少数です。医療専門家は予防を優先し、人々を支援する必要があります。手遅れになる前にOSAをより積極的に開発するリスクがある人。

「この研究は、肺疾患の予防においてアクティブなライフスタイルを維持することの重要性に関する証拠を追加し、身体活動のわずかな増加または座りがちな時間の短縮でさえ潜在的な利益を享受できることを奨励しています。したがって、取得することは重要なメッセージです。プライマリケアと呼吸器クリニックの患者とその家族に渡って。」

研究者らは、この研究は自己申告による健康データに依存しており、信頼性が低い可能性があると述べ、将来の研究ではウェアラブル健康監視技術を利用してデータの精度を向上させる可能性があると指摘しています。

ソース:

ジャーナルリファレンス:

劉、Y。、 etal。 (2021)3つの将来の米国コホートにおける身体活動、座りがちな行動、および閉塞性睡眠時無呼吸の発生率。 European Respiratory Journal doi.org/10.1183/13993003.00606-2021



Source link

You may also like