【悲報】米国の老舗スーパーで人不足 惣菜を作る料理人に1000万円を出すと言っても人が来ない

[ad_1]

2022年01月29日更新

去年の終わりに力強い景気回復を見せつけた米国経済。
今月上旬、米国各地のスーパーで生鮮食品や日用品など品切れ。
ある調査によれば、米国全土で食料品の15%が品切れになったという。

0

お気に入りに追加
0

去年の終わりに力強い景気回復を見せつけた米国経済。今月上旬、米国各地のスーパーで生鮮食品や日用品など品切れ。ある調査によれば、米国全土で食料品の15%が品切れになったという。こうした品切れは世界中からあらゆるものが集まるニューヨークでも起きていた。中心部マンハッタンにある、創業88年の老舗スーパー、ゼイバーズの倉庫の棚には、ところどころ空いたスペースが。もともと寒波の影響で物流が混乱していた中、オミクロン株の感染拡大でトラック運転手らの数も不足し配送の回数が極端に減った。在庫不足により価格も上昇。さらに人手不足の問題。オミクロン株の影響で、さらに深刻になった人手不足と物価上昇が米国経済の先行きに暗い影を落としている。 引用元:jcc.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



[ad_2]

Source link