【埼玉立てこもり】渡辺宏、マザコンクレーマーだった!「母に失礼をしたら許さない」別の病院で度々抗議 

[ad_1]

2022年01月29日更新

埼玉県ふじみ野市の民家に住民が立てこもり、人質の医師が死亡した事件は医療関係者に衝撃を与えた。殺人未遂容疑で逮捕された渡辺宏容疑者(66)の母親が死亡したことがきっかけとみられるものの、容疑者と医師の間に何があったのか

3

お気に入りに追加
0

県警によると、鈴木さんは92歳になる渡辺容疑者の母親を診療し、26日に死亡確認をしていた。27日は鈴木さんが呼び出される形で渡辺容疑者の自宅を訪れ、事件に巻き込まれたとみられる。

 「お母さんのことになると感情の歯止めがきかず、度々医師やスタッフにくってかかる人でした」。渡辺容疑者の母親が2年前まで10年以上通った病院の関係者は容疑者をそう振り返る。

 渡辺容疑者は当時、母親に付き添って来院し、診察の待合で「うちの母親を(先に待つ他の患者より)先に診ろ」などと求め、職員が断ると大声で怒鳴り散らすことが度々あった。当時、母親に大きな持病はなかったが、体の衰えが進んでいたという。

 数年前に母親の肺を検査した際、渡辺容疑者はステロイド系の薬を処方するよう要求。医師から「そこまでの症状は出ていないから、ステロイドは使わない方が良いですよ」と伝えられると、「専門医なのに何も分かっていない」などと書いた長文の抗議文を提出した。胃カメラを使う検査では担当者の変更を迫ったこともあった。 引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

【中継】ふじみ野市“立てこもり”66歳男を緊急逮捕 捜査本部設置へ

埼玉県ふじみ野市の住宅で、男が猟銃とみられるものを持ち男性を人質に立てこもっていた事件で、28日午前8時ごろ、捜査員が突入し男 …


出展:Youtube

埼玉 医師死亡立てこもり事件 母親の「死」をめぐりトラブルか

埼玉県の民家で猟銃を持った男が立てこもり、人質となっていた男性医師が死亡した事件。事件の背景には、男の母親の死をめぐって …

みんなの感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

[ad_2]

Source link