香南市長選挙2022の結果発表!開票速報の時間帯と候補者の情勢

[ad_1]

開票の結果を掌握するのは、高知県や香南市の選挙管理委員会ですが、その結果が自治体のホームページに反映される時間は、自治体によってまちまちです。総選挙のように、時間帯を区切ってリアルタイムに公表する場合もあれば、開票日の翌日になってから反映される場合もあります。

開票結果が判明する時間帯は、午後8時以降、午後11時から午前0時前までには判明、というケースが殆どです。あとは、公表がいかに早くなされるかです。

NHKや大手新聞各社がネット配信するニュースが最も早い傾向にありますが、選挙のポータルサイトが先行するケースもあります。選挙のポータルサイトで有名なのが、「政治山」と「選挙ドットコム」ですが、選挙ドットコムの配信の方が早い傾向にあります。

新聞社などのネット配信▼▼選挙ポータルサイト▼▼自治体のホームページ

【政治山】香南市長選挙2022の結果発表▼▼

【選挙ドットコム】香南市長選挙2022の結果発表▼▼

【香南市の選挙ページ】香南市長選挙2022の結果発表▼▼

高知県 香南市(こうなんし)香南市長選挙(2022年1月30日投票)告示日:2022年1月23日投票日:2022年1月30日定数 / 候補者数:1 / 3執行理由:辞職有権者数:投票率:

※ 開票結果待機中。

2022年 香南市長選挙の立候補者 3氏の情勢・公約・政策・プロフィール など

2022年1月30日投票の香南市長選挙は、香南市発注工事を巡る官製談合事件に絡んで清藤真司前市長が辞任したことを事由に実施されます。いづれも無所属・新人が立候補。元市議の片山透氏(51歳)と、元市議の上田瀧雄氏(78歳)と、元県議の浜田豪太氏(47歳)の3氏による三つ巴戦です。

片山 透(かたやま とおる)氏

片山 透(かたやま とおる)氏[無所属新人:51歳]

プロフィール(経歴)元市議・行政書士・保護司。履歴:法務局職員。学歴:立教大卒。

公約・政策・主張危機的な香南市の状況を私なら変えることができると思い立候補したとしています。信頼回復のための施策として、コンプライアンス(法令順守)の徹底・市職員の倫理観責任感の向上・事案に対し市役所全体で対応するという意識の醸成、組織マネジメントの3三つを挙げています。

上田 滝雄(うえた たきお)氏

上田 滝雄(うえた たきお)氏[無所属新人:78歳]

プロフィール(経歴)元市議。履歴:県警交通部長・県警刑事部長。学歴:中大卒。

公約・政策・主張官製談合事件での市政の信頼失墜について、「市政改革、信頼回復、刷新は私でなければできない」と強調。県警刑事部長を務めた経験をアピールし、喫緊の課題として新型コロナウイルス対策と南海トラフ巨大地震対策の二つを挙げ、「夢と希望のある未来を実現する」としています。

浜田 豪太(はまだ ごうた)氏

浜田 豪太(はまだ ごうた)氏[無所属新人:47歳]

プロフィール(経歴)元県議。履歴:衆院議員秘書・自民党県連青年局長。学歴:帝京大卒。推薦:自民・公明。

公約・政策・主張現在の市が抱える問題として、第一に官製談合事件でイメージダウンしている市政への信頼回復を挙げています。また、やることが多すぎ、市民生活に目が行かない職員もいるのではと指摘しゼロベースで事業を見直したいと訴えています。さらに「全ての産業に手を差し伸べるべく、新型コロナウイルス対策に注力するとしています。

[ad_2]

Source link