岸和田市長選挙2022の結果発表!開票速報の時間帯と候補者の情勢

[ad_1]

開票の結果を掌握するのは、大阪府や岸和田市の選挙管理委員会ですが、その結果が自治体のホームページに反映される時間は、自治体によってまちまちです。総選挙のように、時間帯を区切ってリアルタイムに公表する場合もあれば、開票日の翌日になってから反映される場合もあります。

開票結果が判明する時間帯は、午後8時以降、午後11時から午前0時前までには判明、というケースが殆どです。あとは、公表がいかに早くなされるかです。

NHKや大手新聞各社がネット配信するニュースが最も早い傾向にありますが、選挙のポータルサイトが先行するケースもあります。選挙のポータルサイトで有名なのが、「政治山」と「選挙ドットコム」ですが、選挙ドットコムの配信の方が早い傾向にあります。

新聞社などのネット配信▼▼選挙ポータルサイト▼▼自治体のホームページ

【政治山】岸和田市長選挙2022の結果発表▼▼

【選挙ドットコム】岸和田市長選挙2022の結果発表▼▼

【岸和田市の選挙ページ】岸和田市長選挙2022の結果発表▼▼

大阪府 岸和田市(きしわだし)岸和田市長選挙(2022年1月30日投票)告示日:2022年1月23日投票日:2022年1月30日定数 / 候補者数:1 / 3執行理由:任期満了有権者数:投票率:

※ 開票結果待機中。

2022年 岸和田市長選挙の立候補者 3氏の情勢・公約・政策・プロフィール など

2022年1月30日投票の岸和田市長選挙は、元教員の無所属新人・山田英子氏(73歳)と、再選を期す大阪維新の会の現職・永野耕平氏(43歳)と、内装会社経営の無所属新人・野口徹氏(72歳)の3人が立候補。現新の三つ巴戦です。少子化に伴う市立小中学校の統廃合問題などが争点となっています。

山田 英子(やまだ えいこ)氏

山田 英子(やまだ えいこ)氏[無所属(共産推薦)新人:73歳]

プロフィール(経歴)元特別支援学校教員・岸和田生活と健康を守る会会長。学歴:大阪教育大卒。推薦:共産。

公約・政策・主張子育てと教育の街・岸和田の為に、小中学校統廃合は中止にすべきだと訴えています。教育の質を考えれば小規模校を維持すべきだとし、18歳までの医療費助成や小中学校給食無償化などを掲げています。

永野 耕平(ながの こうへい)氏

永野 耕平(ながの こうへい)氏[大阪維新の会現職:43歳]

プロフィール(経歴)元府議。履歴:社福法人監事・岸和田青年会議所理事長。学歴:大阪市大院卒。

公約・政策・主張1期目の4年間について「市の財政は緊急的な危機を脱した」と実績を強調しています。そして、市立小中学校の統廃合については、「地域の意見を聞いていきたい」としつつ、小中学校の適正規模・適正配置の必要性を主張しています。また、公約に、行財政改革の続行や広域連携による行政効率化などを掲げています。

野口 徹(のぐち とおる)氏

野口 徹(のぐち とおる)氏[無所属新人:72歳]

プロフィール(経歴)内装会社経営・まちづくり団体代表。学歴:近畿大卒。

公約・政策・主張小中学校統廃合計画については、地域のコミュニティー重視で、小さな学校を残すべき」と、見直しを主張しています。公約として、「ディズニー関連施設の誘致」を掲げ、誘致による安定財源の確保を訴えています。

[ad_2]

Source link