眼球破裂の高校生は誰で名前や顔画像|高校はどこ?【沖縄】

[ad_1]

1月27日午後11時ごろから28日午前4時すぎにかけ沖縄県警沖縄署を若者ら300人以上が取り巻き、石や棒、爆竹、生卵などを投げ付ける騒動がありました。

この騒動の前に17歳の男子高校生がバイクで単独事故を起こし、右眼球破裂の重傷を負います。

しかし、SNSでは「警察官に警棒で殴られ失明した」などとする情報が拡散。

この情報を知った若者約300人が集まり、沖縄署を襲撃する騒ぎとなりました。

つまり、男子高校生(17)が右眼球破裂の重傷を負ったのは、

・バイクの単独事故によるものなのか?・警察官に警棒で殴られたのか?

警察側と男子高校生で当時の状況が食い違っています。

概要

沖縄署によると、

27日午前1時15分ごろ、複数台のバイクによる暴走の通報を受けた警官が、沖縄市宮里の路上で高校生の運転するバイクを止めようとして接触。

警官は腕に擦り傷を負います。

その後、男子高校生(17)は「単独事故を起こした」と119番通報。病院に運ばれ、右眼球破裂の重傷と判明します。

しかし、その後重傷を負った高校生の叔父がFNNの取材に応じました。

男子高校生の叔父:(甥は)狭い路地をスクーターで走行中に、急に警察官の格好をした男性の方に警棒らしき棒状のもので右目をたたかれたと…

叔父によると、男子高校生が事故と通報したのは、救急車を呼ぶためだったとのこと。

男子高校生の叔父:17歳で片目を失って…今からつらい…人生…

Yahooニュース

男子高校生は、救急車と呼んだ時、「単独事故を起こした」と119番通報していましたが、

『その時は一刻も早く救急車に来てほしかった。説明が頭に浮かばずに壁にぶつかり自損したととっさに言ってしまった』

と、救急車を一刻も早く呼ぶために単独事故を起こしたと伝えたそうです。

また、高校生の祖父は、被害に遭った孫の目には棒状の痕が残っており、写真も保存していると取材に答えています。

高校生の家族は、

「視力は今後戻ることはないと先生から言われています。ネットの意見をみると自業自得だという意見もあるけど、17歳の少年の片目が無くなったということは事実なので、しっかり調査して嘘偽りない情報を流してほしい」

と警察に真相を明らかにして欲しいと願っています。

警察は高校生がけがしたいきさつなど事実関係を調査中としています。

現時点ではどちらが正しいのかは不明となっています。

眼球破裂の高校生は誰で名前や顔画像|高校はどこ?【沖縄】

ツイッター上には事故にあった直後と思われる負傷した17歳の男子高校生の画像が投稿されていました。

怪我の状態が酷いため、素顔の掲載は控えます。

高校生の名前ですが、ツイッターでは名前は隠されていました。

そのため、怪我を負った高校生の名前は不明でした、

関係者と思われる方のツイートには高校生の本名(ひらがな表記)と高校名を投稿していました。

しかし、該当の人物が本当に怪我をした高校生なのか確証が得られないため、詳細は伏せます。

ご容赦ください。

[ad_2]

Source link