渡邊宏の生い立ちが判明「おぼっちゃまだった」ふじみ野市立てこもり事件 | Deep News

[ad_1]

埼玉県のふじみ野市の自宅で立てこもり医師の鈴木純一さんを殺害して逮捕された渡邊宏。わたなべひろしの生い立ちについて調査していきます。渡邊宏(わたなべひろし)の生い立ちについて調査したところおぼっちゃまだったことが判明しました。

【関連記事】

カンニング犯人は関西大学か「医学部を目指していた」

宮本一馬インスタ「売れないホスト」宇都宮線暴行事件

宮本一馬ホストクラブ「関西No1店舗に所属してた」

藤井遥インスタ「パリピ女子」池袋殺人事件

渡邊宏の生い立ちが判明「おぼっちゃまだった」ふじみ野市立てこもり事件

渡邊宏の生い立ちについて調査していきます。

ふじみ野市立てこもり事件を起こした、わたなべひろしの生い立ちについて、関係者の証言を調査したところ金持ちのおぼっちゃまだったことが判明しました。

渡邊宏の生い立ち

金持ってるんじゃないかな 猟は金かかるし おおかたふじみ野市の土地でも持ってる資産家かな

渡邊宏は銃を持っていたことから、わたなべひろしの生い立ちは、家は資産家で、おぼっちゃまだったと言われています。

狩猟の免許を取得する費用は下記のようになっています。

第一種銃猟(散弾銃):約11万円

第二種銃猟(空気銃):約6万円

また、実際に使う銃の金額は、1台当たり20万円ほどかかるようです。

渡邊宏の生い立ち

両親は金持ちで狩猟は、父親の趣味だったとか。

渡邊宏は無職と言われているので、母親や父親が狩猟免許を取っていたと考えられ、息子の渡邊ひろしに買い与えていたのではないでしょうか。

渡邊宏の生い立ち「豪邸育ちだった」

渡邊宏の自宅について調査すると豪邸だと判明しました。

渡邊宏の生い立ち

渡邊宏の生い立ち

渡邊宏の生い立ち

比較的新しい戸建で手入れがされている玄関となっています。

わたなべひろしが手入れをしていたとは考えにくいので、家政婦さんでも雇っていたのかもしれません。

2階建ての白を基調とした大きな自宅となっています。

渡邊宏の自宅住所は埼玉県ふじみ野市大井武蔵野です。大井武蔵野は最寄りのふじみ野駅から徒歩で30分ほどかかるようですが、若者に人気な土地のようです。

渡邊宏の生い立ち

例のふじみ野市の立てこもり。 元カレのからそんな離れてない地区で、割りとしょっちゅう一緒に買い物とか散歩してた地区だった。

わたなべひろしの生い立ちは豪邸住まいボンボンのクズだったようです。

渡邊宏はクレーマーだった「関係者証言」

渡邊宏は14回もセカンドオピニオンを頼んでいるクレーマーと報道されています。

他にもクレーマー気質な一面について関係者から証言がありました。

わたなべ宏は、自分に都合の悪いことを突かれると、逆ギレするような人でした。母親の年金がなくなったら俺はどうやって生活していけばいいんだと口々に言っていて焦っていました。

訪問介護に来る方と言い争っている声が近所まで聞こえてくることもあり、心配していた矢先に立てこもり事件が起こるなんて思ってもいませんでした。

渡邊宏は鬱か「ストレスでハゲ散らかしていた」

渡邊ひろしは母親の命があと少しだということが分かると、ふさぎ込んでいて、家に引きこもっていたそうです。近所の人も、最近は見ていなかったと証言します。

最近は笑ったかと思ったら、ふさぎ込んでしまうという具合に精神的な起伏が激しかったようです。一種の躁鬱状態だったのでしょう。本人は何とか立ち直ろうとしていたそうですが、限界を超えたのかもしれません。

渡邊宏のようなクレーマー気質の執拗なタイプの特徴のひとつが被害者意識が強いことで、さらに周囲の人間を敵、味方に分けたがります。

わたなべ宏の髪はストレスでハゲ散らかしていました。

渡邊宏の生い立ち

常に他人をねたみ、そねんで、恨み、つらみを募らせている。『おまえはいいよな』などと口にしがちで、裏を返せば、『俺は不幸だ』と被害者アピールをしたいわけです。自分より恵まれている医者や医療関係者の人たちを敵と見なしていたのでしょう。

 

[ad_2]

Source link