速報!埼玉県ふじみ野市大井武蔵野付近で、拳銃を持った人物が民家に立てこもる 100人以上避難 犯人の特徴や顔は?

[ad_1]

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野付近で、拳銃を持った人物が民家に立てこもっているもようです。警察によりますと、銃で撃たれけが人がいるとの情報もあるということです。

人質は現場の民家宅の主治医との情報。犯人との関係は不明です。

27日午後9時15分ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家周辺で「発砲音がして、人が血を流して倒れている」と通報があった。県警や消防によると、民家の玄関先で男性(41)が血を流して倒れており、病院に搬送された。腹と胸を撃たれ重傷だが、意識はあるという。この民家に猟銃を持った男が別の男性を人質に取って立てこもっている。

県警によると、立てこもっているのは50~70代の男1人。人質になっているのは40代の男性。消防によると、人質となっているのは医師で、撃たれて負傷しているとの情報がある。玄関先で倒れていた男性も医療関係者とみられ、共にこの民家を訪問したところ、事件に巻き込まれた可能性があるという。午後9時半ごろには男性(32)が、県警東入間署に「顔に催涙スプレーのようなものを掛けられた」と駆け込み、その後搬送された。この男性も一緒に民家を訪れていたとみられる。現場は東武東上線ふじみ野駅から南西に約2キロ離れた住宅街で、付近には小学校などがある。ふじみ野市に住む50代の自営業の女性によると、午後11時ごろ、立てこもり現場近くに住む友人から「発砲事件があったので近くの小学校に避難する」と電話を受けた。付近にはパトカーや消防車などのサイレンが鳴り響いていたといい「何が起きたのか、怖い」と話した。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2022012800011&g=soc

[ad_2]

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。